女性のボディメイク

セルライトができる5つの原因とは?基本を押さえてデコボコ解消!

セルライトができる5つの原因とは?基本を押さえてデコボコ解消!

主にお尻や太ももなど、下半身を中心にできやすいセルライト。デ

コボコして見た目が悪い上に、一度できてしまったらなかなか落ちてくれません…。

そんな厄介なセルライトに頭を悩ませている女性は多いのではないかと思います。

セルライトを解消して綺麗な肌に戻すためには、まずはセルライトができる原因を知っておくことが大切です。

原因が分かればそれに対する予防策も見えてきます!

今回の記事では、そもそもセルライトの正体は何なのか、またどういった仕組みで発生しているのかを具体的に解説していきます。

その上でセルライトができる原因を5つに分けて紹介していきますので、セルライトに頭を抱えている方はぜひ参考にしてください。

セルライトは皮脂細胞が原因でできる!

セルライトとは、主にお尻や太もも、お腹などによく見られる、肌がデコボコした状態のことです。

オレンジの皮のように見えることから、海外では「オレンジピールスキン」とも呼ばれています。

セルライトは医学的な側面で考えると、できたからといって健康面に問題が生じるわけではありません。

そのため、健康面にも影響を与える「肥満」とは少し異なるものです。

セルライトによる問題は、健康面よりもむしろ見た目。セルライトの面積が大きくなると、肌表面の見た目に及ぼす影響が大きくなってしまいます。

デコボコした肌よりも、ツルツルの綺麗な肌の方が誰でも良いですよね。

また、セルライトがあると痩せにくくなってしまうため、ダイエットに励んでいる女性にとっても深刻な問題です…。

では、セルライトとはいったい何なのでしょうか?

簡単に言うと、セルライトの正体は硬くなって肥大化した皮下脂肪です。

通常、脂肪と皮膚はコラーゲン繊維でつながっており、脂肪とコラーゲン繊維の間には隙間があるものです。

しかし、老廃物をはじめとする何らかの原因で、脂肪とコラーゲン繊維の隙間が無くなってしまうと、だんだん脂肪細胞が圧迫されていきます。

すると、圧迫された脂肪細胞が皮膚にまで影響を及ぼすようになり、デコボコした見た目となって肌の表面に現れてしまうのです。

なお、セルライトは肥満体型だからできやすいというわけではありません。痩せている人でもセルライトができることはあります。

体型よりも加齢によってセルライトが生じる確率は上がっていきます。

セルライトが発生する原因は、セルライトの種類によって異なります。セルライトには主に以下の4種類があります。

1つ目は脂肪型セルライト

こちらは肥満によって発生するタイプのセルライトで、過度なカロリーの摂取や運動不足などが原因となっていることが多いです。

主に下腹部やお尻によく見られます。

脂肪型のセルライトは、ダイエットをして脂肪を燃焼させることで比較的落ちやすいタイプです。

2つ目は繊維型セルライト

こちらはセルライトを長期間にわたって放置し、脂肪とコラーゲン繊維が結びついたことで発生します。

セルライトは通常、つまんだり触ったりすることで肌のデコボコが現れるものですが、繊維型は何もしなくてもデコボコがはっきりと現れます。

自力で落とすのが難しいタイプのセルライトなので、そもそも発生させないように注意しなければなりません。

3つ目はむくみ型セルライト

こちらは血行不良が原因で発生するタイプのセルライトです。

主に太ももやふくらはぎなどによく見られ、冷え性の女性に発生しやすいです。

マッサージや運動などで血行を良くする生活を続けると自然に落ちていきます。

4つ目は筋肉質型セルライト

こちらはセルライトの中でも最も珍しいタイプで、若い頃によく運動をしていた人に発生することが多いです。

大人になってから運動習慣がなくなったことで筋肉が落ち、脂肪になったことが原因で発生します。

4つのセルライトのうち、解消するのが最も難しいとされています。

このように、セルライトには4つのタイプがあり、それぞれで発生原因が異なるということを頭に入れておきましょう。

努力で落とせるタイプのセルライトもありますが、自力で解消しようとなると時間が掛かりますし、何よりも大変です。

そのため、セルライトはそもそも発生しないように予防策をあらかじめ打っておくことが大切です。

原因を知り、セルライトの予防をしておきましょう!

原因を知れば予防できる!セルライトができる5つの理由

続いて、セルライトができる詳しい原因について解説をしていきます。

合わせて予防する方法についても触れていますので、ぜひ参考にしてください。

栄養バランスが偏った食事

まず、セルライトができる原因の一つとして栄養バランスの偏った食生活があります。

例えば塩分を取り過ぎていたり、たんぱく質が足りていなかったりするとセルライトが発生しやすくなります。

特に食品添加物が入っているものは塩分濃度が高く、セルライトの原因となりやすいです。

コンビニ弁当やカップ麺などはできるだけ避け、野菜を中心とした自炊を心掛けるようにしましょう。

また、体内に栄養素が足りていない場合にもセルライトはできやすくなります。

そのため、食事は三食をしっかりと摂り、体内に栄養を取り入れることが大切です。

運動不足で筋肉量が減少している

運動不足による筋肉量の減少もセルライトができる原因となり得ます。

特に学生時代に運動部で日常的に運動をしていた人は、運動習慣がなくなったことで代謝機能が低下し、身体に脂肪がつきやすくなります。

普通の脂肪がつくだけなら良いのですが、筋肉の上に脂肪がついてしまうと、それはやがてセルライトに進化してしまいます。

運動不足によって発生するセルライトを予防するためには、生活の中に運動する習慣を取り入れる必要があります。

とはいえ、本格的な運動を取り入れる必要はありません。

例えば、休みの日にウォーキングをしたり意識して階段を使うようにしたりするだけでも、セルライトの予防になります。

可能であれば有酸素運動を毎日少しでも行うのが理想です。

ホルモンバランスや自律神経の乱れ

女性によく見られる原因として、ホルモンバランスや自律神経の乱れがあります。

というのも、女性は月経や妊娠、更年期などでホルモンバランスが乱れやすい体質であり、体調や精神状態だけでなく、身体の外側にもその影響が現れやすいのです。

ホルモンバランスを整えるためには、上記であげた偏りのある食生活や運動不足を解消することが大切です。

また、精神状態が不安定であると自律神経にも影響を及ぼしますので、ストレスを抱え込みやすい人は注意しましょう。

趣味や交友関係などでストレスを発散する手段をいくつか見つけておくのがおすすめです。

血行不良になりやすい体質

セルライトができる原因の一つに「冷え」があります。

冷え性の人はもともと血行不良になりやすい体質であることが多いです。

血液の循環機能が低下すると身体の冷えが進行し、むくみを招きます。するとそれがむくみ型のセルライトを引き起こす原因となるのです。

また、血行不良になりやすい体質の人は身体の中に老廃物を溜め込みやすい体質でもあります。

老廃物はセルライトの原因になりますので、冷えを改善し老廃物を体内から流してあげなくてはいけません。

冷え性の人は、とにかく身体を温める習慣を生活の中に取り入れましょう。

冷たい飲み物は避け、常温か高温の飲み物を普段から飲むようにしてください。体温が低下しがちな寝起きは白湯をコップ一杯飲むのがおすすめです。

さらに入浴の際はゆっくりと湯船につかるようにしましょう。

夏場でもエアコンなどで身体が冷えることがありますので、外の気温に関係なく湯船で身体をしっかりと温めてください。

お風呂上りは、ふくらはぎや太ももを軽くマッサージし、むくみができないように気を付けましょう。

加齢による基礎代謝の低下

基本的には年齢を重ねるごとにセルライトが発生する確率は上がっていきます。

というのも、人は加齢ごとに基礎代謝の量が下がり、身体に脂肪を蓄積しやすくなります。

外見に変化がなくても、中性脂肪や内臓脂肪が増えているというパターンも多いです。

すると知らず知らずのうちに身体の内側から脂肪が増えていき、それが肥満型セルライトを引き起こす原因となる…ということが起こり得ます。

基礎代謝を高めるためには、水分を多く取ったり、ヨガやストレッチなどで身体を動かす習慣を取り入れたり、鉄分やビタミンを意識した食生活を送ったりすることが大切です。

年齢と共に代謝が悪くなってきたと感じている女性は特に気を付けてください。

原因を知って、セルライトがつきにくい身体を目指そう

セルライトは気付かないうちに身体にできていることが多く、一度できたらなかなか落ちてくれないので非常に厄介です。

自力で解消できるものなら良いのですが、セルライトの種類によっては、脂肪吸引をしなければ取れないことも…。

そのため、セルライトができる原因をきちんと把握しておき、セルライトがつきにくい身体を目指しましょう。

今回の記事で紹介した原因を参考に、予防策を日常生活の中に入れるだけでもセルライトができる確率をぐっと下げることができます。

生活習慣を整え、セルライトのない綺麗な身体をキープしましょう!