男性のボディメイク

巨根になる飲み薬は存在する?遺伝に負けずペニス増大を目指す方法

巨根になる飲み薬は存在する?遺伝に負けずペニス増大を目指す方法

飲めばすぐに巨根になれる飲み薬はあるのでしょうか。
本記事では、ペニスを大きくするための巨根薬の存在のほか、ペニス増大方法などについてまとめました。

巨根薬は存在しないが、男性ホルモンの補充で巨根をサポートできる薬はある

飲んだら巨根になるといった飲み薬は存在しません。
飲んだら背が伸びる薬やすぐに痩せる飲み薬などといったもの同様に、魔法のような飲み薬は存在していないのです。

しかし、その一方で男性ホルモンを補充することにより、巨根化を“サポート”してくれる薬は存在します。
巨根をサポートしてくれる飲み薬や塗り薬について下記で解説していきましょう。

使用を継続していると徐々に効果が実感できる

男性ホルモンには大きく分けて下記の3つの種類があります。

  • テストステロン
  • デヒドロエピアンドロステロン
  • アンドロステネジオン

これらはまとめて、「アンドロゲン」と呼ばれており、中でもテストステロンは巨根に大きく関連すると考えられています。
男性ホルモンは加齢と共に減少すると考えられているため、早い段階で飲み薬を利用しながら男性ホルモンを補充する必要があるでしょう。

また、皮膚にテストステロンを含有した塗り薬を塗ってで巨根を目指すといった方法もあります。
ただし、これら男性ホルモンを補充する飲み薬や塗り薬に即効性はありません。

男性ホルモン補充薬を使った翌日にテストステロン値が最大になり、ペニスが増大するといったわけではないので注意が必要です。
重要なことは、“飲み薬や塗り薬の摂取を継続する”ことにあります。

男性ホルモンは、ペニス増大といっただけでなく、活力向上や精力向上、筋肉質になるなど、“男としての自信”を取り戻してくれる効果が期待されています。
飲み薬や塗り薬を継続することにより、巨根だけでなく男性としての魅力も取り戻すことができるのです。

男性ホルモン分泌量の低下による勃起不全症状も改善できるかも

男性ホルモンを補充する飲み薬や塗り薬によって、勃起不全症状も改善できる可能性があります。

勃起不全症状とは、いわゆる「ED」と呼ばれるペニスが勃起しなくなる症状。
勃起不全症状になる要因は、「加齢・糖尿病・心理的および精神疾患的要素」など多岐に渡りますが、その要因のひとつに、テストステロン低下が含まれます。

加齢によりテストステロンなど男性ホルモンの分泌量が減少することからも、中高年以上の男性が勃起不全症状に悩む理由が分かるのではないでしょうか。
男性ホルモンを補充する飲み薬を継続摂取することで、男性ホルモンの分泌量増加が期待できます。

結果、テストステロン値の上昇により勃起不全症状が改善できる可能性が高まると考えられるでしょう。

使用を中断すると効果が弱まるか無くなる

テストステロンなど男性ホルモンを補充できる飲み薬や塗り薬は、継続して摂取することが重要になります。
上記でお伝えしたように、薬を摂取し続けることで少しずつ男性ホルモンの分泌量が増えていき、次第にその効果を実感することができるためです。

一方、「ペニス増大が薬によって達成された」と思い、飲み薬や塗り薬の使用を中断してしまうと、効果が弱まる、または無くなる可能性があるので注意しましょう。

加齢やさまざまな要因によって、男性ホルモンの分泌量は減少していきます。
これら薬は、それら男性ホルモンの減少を食い止める薬ではなく、あくまで「補充」です。

つまり、飲み薬を飲まなくなれば男性ホルモンの分泌量はまた減少していき、元通りになってしまう恐れがあります。
巨根を目指す、そして維持するためには男性ホルモン補充の飲み薬の摂取、塗り薬の使用を継続するようにしましょう。

医薬品なので副作用がある

男性ホルモンを補充する飲み薬や塗り薬は、基本的にテストステロンなどを主成分としているため「医薬品」に分類されます。

医薬品には副作用があるため、男性ホルモンの補充を目的とした飲み薬や塗り薬の摂取前には、それらについてしっかりと理解しておく必要があるでしょう。
男性ホルモン補充薬の副作用を一部下記にまとめました。

  • 肝機能障害
  • 多血症
  • 前立腺腫瘍の増悪
  • 皮脂分泌量増加によるニキビ
  • 体毛が濃くなる

また、男性ホルモン補充薬は大量摂取によって男性機能が低下すると示唆されています。
ほか、直接ペニスにステロイドを塗る巨根の塗り薬は、発がん性などの副作用が指摘されているため注意が必要です。

男性ホルモン補充薬を摂取できる身体状態、そして正しい用法で飲むことが副作用を引き起こさないためのポイントになります。

通販で購入できる男性ホルモン補充薬

通販で購入できる男性ホルモン補充薬を下記にまとめました。

  • 飲み薬「セルノスカプセル」
  • 塗り薬「セルノスジェル」

飲み薬「セルノスカプセル」

セルノスカプセルは、男性ホルモンを補充できる飲み薬です。

有効成分テストステロンを含有するホルモン剤で、継続摂取により男性機能の向上、ペニス増大が期待できます。
セルノスカプセル服用によって期待できる効果は下記の3つ。

  • 陰茎増大
  • 強力な勃起
  • 精子・精液の生成量向上など

セルノスカプセルの特徴は、肝毒性などの副作用を起こす“メチル化”ではなく、“エステル化”で処理されているところです。
脂溶性が高く肝臓を経由することがないので安全に服用できます。

やる気がでない、イライラしやすいといった症状にも効果が期待されているので、ご自身の健康的な毎日のためにも利用してみてはいかがでしょうか。

先発医薬品
セルノスカプセル(テストステロン) 40mg

セルノスカプセル(テストステロン) 40mg

セルノスカプセルは精力増強、男性更年期障害の治療に用いられる医薬品です。Sun Pharma(サンファーマ)社が製造販売を行っています。筋力…
¥3,980

塗り薬「セルノスジェル」

セルノスジェルは、ジェルタイプの男性ホルモン補充薬です。

有効成分テストステロンを50mg配合しており、皮膚から体内に吸収させる塗り薬であることから副作用も少なく安全性が高いところが特徴になります。
セルノスジェルの塗布によって期待できる効果は下記の2つ

  • 早漏や陰萎の改善
  • 遺精の改善など

セルノスジェルは、上腕や肩、腹部などに塗ることで皮膚からテストステロンが吸収されます。
飲み薬が苦手という方でも、効率的に男性ホルモンを補充できるため、継続して使用しやすいのではないでしょうか。

先発医薬品
セルノスジェル 1%

セルノスジェル 1%

セルノスジェルはホルモン補充療法や筋肉増強に用いられる医薬品です。セルノスジェルの有効成分ウンデカン酸テストステロンがテストステロンとして体…
¥5,980
★★★★

(30)

副作用が怖い方は、ペニス増大サプリを使ってみる

医薬品の男性ホルモン補充薬は魅力的ですが、上記でお伝えしたように“副作用”があります。

そのため、副作用が怖くて使用をためらっている方も多いはずです。
そんな方には、「ペニス増大サプリ」がおすすめです。

ペニス増大サプリの特徴について下記で解説しています。

  • 副作用が殆どないため、比較的安全
  • 継続服用でじわじわとペニス増大をサポート

副作用が殆どないため、比較的安全

ペニス増大サプリは、医薬品ではなくサプリメントであることから、「健康食品」に分類されています。

ペニス増大サプリには、テストステロンなどが含まれておらず、主にアルギニンやシトルリン、ビタミン類などが含有されているため副作用がほとんどありません。
まれに、「腹痛・お腹の張り・下痢」などが報告されていますが、用法・容量を守った上で摂取すれば副作用は殆どないと考えてよいでしょう。

継続服用でじわじわとペニス増大をサポート

ペニス増大サプリは、男性ホルモンそのものを含有していません。

しかし、血流量を増やすアルギニンやシトルリン、男性機能向上が期待できる亜鉛やマカなどが多く含まれているのです。
そもそも、血管を拡張させ多くの血液がペニスの陰茎海綿体内に溜まることで十分な勃起が起こります。

アルギニンやシトルリンなどは、血管拡張効果、血流改善効果なども期待されているため、摂取にて勃起力アップに繋がるでしょう。
もちろん、サプリメントであることから日々の継続摂取が必要であり、その効果はじわじわと表れます。

ペニス増大はもちろん、日々の健康維持にも役立つ成分がたっぷりと入っているのが増大サプリです。
途中で諦めずに、継続服用で巨根を目指しましょう。

ペニス増大サプリは薬局・市販では入手不可!購入には通販が王道
ペニス増大サプリは薬局・市販では入手不可!購入には通販が王道こちらではペニス増大サプリの「購入の仕方・購入先」に関する悩みを解決いたします。 正しいペニス増大サプリの購入先を詳しく、そしてわかり...

医薬品やサプリを使ってペニスを育てるのは可能

医薬品や増大サプリには、男性機能を向上させる成分が豊富に含有されています。
飲んだ瞬間、急激にペニスが巨大化するような薬はありません。

しかし、男性ホルモン補充薬、そして増大サプリの継続服用によって巨根へとペニスを育てることは可能です。
ぜひ、ペニス増大を目指している方は、医薬品やペニス増大サプリを利用してみてはいかがでしょうか。