女性のボディメイク

まつ毛を引っ張ると抜ける原因は5つ。抜けない丈夫なまつ毛を育てる方法

まつ毛を引っ張ると抜ける原因は5つ。抜けない丈夫なまつ毛を育てる方法

気付くと抜けているまつ毛。

まつ毛はとっても繊細な部位なので、強い刺激を与えたり、皮膚の状態が悪いと抜けやすくなってしまいます。

今回はまつ毛を引っ張ると抜けてしまう原因を徹底解説。
抜けやすくなってしまう原因を知って、強く頑丈なまつ毛を目指しましょう。

まつ毛を引っ張ると抜ける5つの原因

まつ毛を引っ張ると抜けてしまうのには、いくつかの原因があります。
外的な原因から内的な原因まで徹底解説します。

どうした抜けやすくなってしまうのかを知り、まつ毛が抜けづらくなるお手入れをしましょう。

  • まつ毛ダニが原因で炎症が起きている
  • 目元を擦る癖で炎症を起こしている
  • マスカラやビューラーの使用で抜ける
  • エクステで根元にダメージが溜まっている
  • 単純に抜ける時期である

まつ毛ダニが原因で炎症が起きている

まつ毛が抜けやすくなってしまう原因の1つに、まつ毛ダニの存在があります。
まつ毛ダニとはその名のとおり、まつ毛に生息するダニのこと。

肉眼で見ることはできない、小さなダニです。
まつ毛ダニは炎症を引き起こし、まつ毛を抜けやすくしてしまいます。

目元を清潔にしておくことで、まつ毛ダニの発生を抑えられますので、日頃からしっかりとメイクをオフしましょう。

まつ毛パーマやマツエクをしている方はまつ毛サロンで受けられる、まつ毛シャンプーで洗浄してもらうのもおすすめです。

目元を擦る癖で炎症を起こしている

花粉の時期などは目元に掻痒感があり、ついつい掻いてしまうという方も多いと思います。
ただ、目元を擦る癖は、デリケートな目元に大きなダメージを与えてしまいます。

手はさまざまな場所に触れる部分であり、沢山の細菌が付着しているため、不潔な状態で目に触ってしまうと、充血や炎症に繋がります。

目元を擦る癖は百害あって一利なし。意識的に目に触れないよう心がけましょう。

花粉などで掻痒感が強い場合はかゆみ止めの目薬をさしたり、目の洗浄液を使用するのがおすすめです。

マスカラやビューラーの使用で抜ける

アイメイクではマスカラビューラーを使用すると思いますが、これらはどちらもまつ毛に大きな負担を与えてしまいます。

ビューラーでまつ毛が引っ張られることで抜けてしまったり、マスカラの重みでまつ毛が抜け落ちることも。

アイメイクをしないワケにはいかないので、使用は避けられませんが、なるべく負担がかからない方法でお化粧しましょう。

例えば、ビューラーは目の形に合ったものを使用し、なるべく引っ張りすぎないようにしたり、マスカラはお湯でオフできるものを使用するのがおすすめです。

エクステで根元にダメージが溜まっている

まつ毛の本数を多くし、ボリュームと長さをアップさせてくれるまつ毛エクステ

マツエクは印象的な目元を作るために欠かせないアイテムですが、自まつげには大きな負担がかかってしまいます。

1ヶ月ごとに、オフと装着を繰り返している方は、自まつ毛がかなり傷んでしまっている可能性も。

自まつ毛が短くなったり、よく抜けるようになったなと感じたら、マツエクをしばらくお休みするのが良いでしょう。

単純に抜ける時期である

まつ毛を含め、人の毛は常に生え変わっています。次章で詳しく説明しますが、まつ毛には抜けやすい時期があります。

まつ毛に負担をかけたり傷んだりしていないのに抜け落ちてしまう場合は、単純に抜ける時期である可能性が高いので、心配する必要はないでしょう。

毛周期で抜けたまつ毛は3~4ヵ月で生え変わる

毛には「毛周期」と呼ばれる下記のような生え変わりのサイクルがあります。

成長初期

成長後期

退行期(抜ける時期)

休止期(皮下でお休み)

まつ毛が退行期であれば、まつ毛は自然に抜け落ちてしまうものなので、気にする必要はありません。

また、まつ毛の毛周期は3〜4ヶ月のサイクルなので、抜け落ちてしまっても自然に生えてきます。

抜けにくいまつ毛を育てる5つのコツ

続いては抜けにくいまつ毛を育てるコツを紹介します。

健康なまつ毛を育てる極意を5つ紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

  • 目元を擦る癖を治す
  • ビューラーは使い過ぎは避ける
  • エクステはできる限り避ける
  • 丁寧なクレンジングで目元をケアする
  • まつ毛育毛剤を使う

目元を擦る癖を治す

まつ毛が抜け落ちてしまうのを防ぐには、単純な刺激を避けるのが効果的です。
ついつい目元を擦ってしまう癖がある方は治しましょう。

癖は治らないと考える人も多いですが、意識すれば改善できます。
常日頃から目に触らないよう気をつけてください。

ビューラーは使い過ぎは避ける

まつ毛をぱっちり上向きにするのに欠かせないビューラーですが、まつ毛を引っ張り上げるアイテムなので、どうしても負担がかかってしまいます。

ビューラーを使う回数は最小限にし、まつ毛へのダメージを減らしましょう。
また、ビューラーの使い方が誤っているとまつ毛に過度な負担がかかってしまいます。

根本、真ん中、毛先と滑らせるようにしながら挟み込み、引っ張りすぎないよう心がけてください。

エクステはできる限り避ける

まつ毛エクステは自まつげに装着するため負担がかかり、まつ毛が抜け落ちる原因となってしまいます。

まつ毛エクステはなるべく避け、まつ毛へのダメージを軽減しましょう。

最近は軽量のエクステも開発されていますので、負担の少ないエクステを選択するのもおすすめです。

丁寧なクレンジングで目元をケアする

クレンジングの際、マスカラが落ちにくいからと、まつ毛を強く擦ってしまうことはありませんか?

特にウォータープルーフマスカラは落ちにくいですよね。
まつ毛の抜け落ちを防ぐには優しいクレンジングを心がけることが重要です。

落ちにくいマスカラには、専用リムーバーなどを使用し、丁寧なクレンジングをしましょう。

まつ毛育毛剤を使う

まつ毛を労るケアにはまつ毛育毛剤もあります。

メイクなどで常日頃負担がかかってしまうまつ毛は、育毛剤でケアすることで太く長く育てることができますよ。

一般的によく知られているまつ毛育毛剤にルミガンやケアプロストなどがあります。
医療用のお薬なので、安心して使用することができます。

まつ毛が抜けたらケアをして育てよう

引っ張るだけでまつ毛が抜け落ちてしまう場合、まつ毛が傷んでいたり過度に負担がかかっている可能性があります。

まつ毛がなぜ弱ってしまっているのか、原因を突き止め適切なケアをしましょう。

特にまつ毛育毛剤は強く健康なまつ毛の育成が可能です。
まつ毛をケアして、美しい目元を目指しましょう。